ヴェネツィア戦 MIP選出

「MVP」じゃなくて「MIP」だと、勝ち試合じゃなくても選出できるのでいいんですよね。いや、「いい」って事はないんですけど…。

▶選手の愛称説明→選手名鑑

 

 

先制されながらも追いつかれてのドロー。

 

キュンの負傷。

 

ポヌッチの偽キャプテンマーク。

 

 

などなど、ユベンティーニとっては消化不良となったヴェネツィア戦ですが、短い時間ながらキラリと光ったプレーを見せたマティアス・スーレ(19)がMIP。徐々にユベンティーニの中でも名前が知れ渡るようになってきましたね。

ヴェネツィア戦では後半42分にツヨシに代わって途中出場。ロスタイムを入れて実質6分程度のプレーに終わりましたが、最後の最後にユベントスが得たゴール正面からの直接フリーキックのチャンスに、「蹴らせろ」と言わんばかりにボールの前に寄っていったスーレの姿に濡れそうになりました。横に立っていたのが「コーナーキックから、ニアに強いボールを送ろうと思って蹴ったボールが、ファーに流れて行って直接ゴールネットを揺らす」でお馴染みのクアマンだったので、全世界97%のユベンティーニが「スーレに蹴らせろ!」と思ったはず。その期待を背負って蹴ったボールは残念ながら壁ドンだったものの、名だたる名選手を押しのけてあの場面でフリーキックを蹴ったんですから、その姿を見て編集長みたいに「濡れる」までは行かずとも「湿った」ファンは少なくないはず。

 

 

これで今シーズンはトップチームで4試合に帯同して出場2回。恐らくチャンピオンズリーグ決勝トーナメントの登録メンバーにも入るでしょうし(B登録?)、「来シーズンに向けて飛躍の年になってくれれば」なんて期待も高まります。

 

そろそろ、月ユベでもピッタンコくる愛称を考えてやらなきゃなりませんな。

【愛と笑いをお届けする】月刊ユベントス

関連記事

Posted by 編集長ミツ