マルメ戦 MIP選出

この「MIP選出」を月ユベの付録のひとつの目玉のオヤジコーナーにしたいのですが、さてそこまで育てる事が出来るでしょうか。何にしても「MVP(Most Valuable Player=最も価値のある選手)」だと勝ち試合でないと選出しづらい部分がありますが、「MIP(Most Impressive Player=最も印象に残った選手)」だとどんな試合でも選出できるのがいいですね。ユーべにはインパクト強いプレーを見せる選手が沢山いますんで。

 

 

と言う事で、マルメ戦のMIPに関して、編集長はラビ彦を選出したいと思います。

決して決定的なプレーを見せた訳でもなく、試合を通して安定感抜群だった訳でもないのですが、久し振りにツーボランチの一角として出場した姿を見て「やっぱりラビ彦はボランチだよなー」と感じた次第です。

推進力があるしパスも散らせるし、更に身長もあるのでヘディングも勝てるし、ボランチの方が持ち味を発揮できそうな気がしますね。いや、もともとボランチが本職なんで当たり前っちゃー当たり前なんですけど。

 

 

そして今日の試合に関して、ラビ彦のボランチ起用は全く違和感なかったんですけど(しつこいようだけど本職だし)、主任をサイドハーフに回してまでラビ彦をボランチで起用した理由ってなんだったんでしょうか?それに関しては編集長の中に4つの選択肢がありまして

 

  1. ラビオをボランチで起用したかった。
  2. アルトゥールを軸に考えた時にベンタンクールよりラビオの方が適していた。
  3. ベンタンクールをサイドハーフで起用したかった。
  4. ラビ代の圧力があった。

 

個人的には「4」であって欲しいのですが、たぶん「1」ではないかと。で、ラビ彦のボランチを優先した場合、普通に考えればクアマンを右に入れて、左がゴローでバランス取れると思うんですが、クアマンを休めたかったので苦肉の策で主任をサイドハーフに起用したと予想しています。

 

これも全く根拠になるものはないものの、この試合を含めて直近3試合で4-2-3-1を採用している中で、ヒロシは「4-2-3-1なら、ロカテッリの相棒はラビオの方がいいんじゃね?」くらい考えているかもしれません。じゃないと、今日の「ボランチ:ラビオ、左:ベンタンクール」の説明がつかないので。

今後はラビ彦周りで少し動きがありそうな気がしますが、何にしても、今日の試合を見て改めてラビ彦@ボランチの持ち味を再認識したので、MIPに挙げさせて頂きました。

 

 

と言う事で、次のスペツィア戦もMIP選出やりたいのでTwitterでイイネなりして下さい。編集長、褒められると伸びるタイプでやんす。

【愛と笑いをお届けする】月刊ユベントス

関連記事

Posted by 編集長ミツ