メルカートなんて全てが「ウ・ワ・サ」

スペインのスポーツ紙「DON BALON」ってご存知の方も多いと思うんですけど、日本語版「東スポ」みたいなもんで、飛び出すニュースが結構派手なものが多いんですよね(いわゆる「飛ばし」ね)。ただ、ボクは常々「公式が正式に発表するまでは全てが噂」だと思っていて、DON BALONのニュースも結構楽しんでいます。実際に3シーズン前にキーちゃんにユベントス移籍の噂が出た時だって、信じていた人はほとんどいなかったはず。だって、‘’あの‘’ロナウドですよ。実際にキーちゃんがトリノに上陸した時には、DON BALONもびっくり・ドンキーだったに違いありません(実際にDON BALONが報じていたかは覚えていませんが)。

 

ここ最近ではヴラホビッチが結構ホットですが、「ユベントスは7000万ユーロも払えない」と言うジャーナリストもいれば、「ビアンコネロは冬のマーケットでヴラホビッチ獲得に動く」と言うジャーナリストもいて、結局のところは誰も真実が分からない。いや、真実が分からないからこそメルカートは面白いんだと思います。

 

 

「センターバックの補強が急務」と言われてカセレスで落ち着くのもユベントスだし、古い話ですが「シャビ・アロンソが来る」と言われて蓋を開いて見たらポウルセンだったのもユベントス。なんにしてもメルカートは噂が噂を呼んで、更に噂でデコレーションされるもの。

 

「噂されたヴラホビッチではなくスカマッカ獲得に向かったけど、最終的には失敗して冬の補強は無し」、こんなオチが付くと編集長的にはビンビン感じています。でもこれもメルカードだし、これがユベントス。ただ、確かなものなどなにもないし、ヴラホビッチを夢見て布団に入らせて頂きます。今日も一日お疲れさまでした。

【愛と笑いをお届けする】月刊ユベントス

関連記事

Posted by 編集長ミツ