【セリエが追い付いて来た?】(プレミア第21節)アーセナル対マンチェスター・ユナイテッド

今シーズンは結構プレミアリーグの試合を見ております。

どこもかしこも何かしらで躓いていて、1ヶ月もすれば上位が中位に、中位が上位に来る状態。しかし、今シーズンは『強豪ひしめくプレミアリーグだからそんなのアタリマエ(アルシンド風に)』と言ったものではなく、なんとなくビッグクラブがふわふわしている印象なのは気のせいでしょうか(気のせいかもしれない)。

 

 

昨日観戦したのはアーセナル対ユナイテッドの一戦。アーセナルはアルテタ体制2シーズン目を迎えておりますが、なんだかアルテタの色と言うものは見えて来ない。オールドファンからしてみると、どうしてもベンゲルのパスサッカーのイメージが残るからなのかもしれませんが、まぁ確かにピッチを見渡してみても知らない名前ばかりで選手名鑑をパラパラと。中盤のジャカやトップのラカゼットがなんと頼りに見えるものか。

対するユナイテッド。昨シーズン途中に加入したブルーノ・フェルナンデス頼みとも言われていますが(言われてる?)、それでもシティ、リバプールと肩を並べて首位を争っているのだから、好調と言って間違いないのでしょう。ちなみに今シーズン開幕前にアヤックスから加入してファン・デ・ベークですが、ユナイテッドでは大きく苦戦を強いられているようで、このアーセナル戦も出場機会は与えられず。好きな選手なだけに残念。そして今シーズン行われた全ての公式戦において『スタメン出場10試合』となれば、そりゃ本人も面白くないだろうに、と思っていたらタイムリーにそんな不満の声が届いて来ました。少しだけ噂があったので、ユベントスに来れば良かったのに(そんなお金ないか)。

 

さて、試合は0対0のスコアレスのまま終了。プレミアらしいエンターテインメント性の高い試合を期待したものの、なんともイージーなパスミスが多かった印象。「あれっ、もうシーズンも半ばを迎えてるけど、まだまだチームがまとまってないの?」なんて少し上から目線の意見のボク。

確かにセリエもミスはあるけれど、上位同士の試合であればもうちょっとミスは少ないかもな、と。もちろん贔屓目ではあるけれど。(念の為にだけど決してプレミアのレベル云々に触れている訳ではありません。悪しからず)

 

もしかしたらセリエのレベルは戻って来ている?追い付いて来ている?

今月から再開するチャンピオンズ・リーグでそれを証明して欲しいものだ。

Posted by 編集長ミツ