カリアリ戦 MIP選出

「VIP(最も価値のあるプレーヤー)」になると勝てなかった試合だと難しくなるのですが、「MIP(最も印象に残ったプレーヤー)」だと色んな角度から見て選ぶことができるのはいいですね。ひとつのプレーでもいいし、ひとつの仕草でもいいし、ひとつの嘘転がりでもいいし。このコーナーは「何でもあり」にしたいと思います。

そんなこんなでナポリ戦のMIPは揉太郎。えぇ、上記の画像を目にしてキー坊だと思った方も少なくないと思うのですが、月ユベはそんなに甘くないです。

 

 

ロボがコロナ感染、ポヌッチが右太ももの仮病、更に引き続きオジーロが怪我で離脱中という事で、急遽巡ってきたスタメンのチャンスと言うかファンにとってはピンチだったのですが、やり遂げてくれました。

なんちゅーか本中華、どう表現してよいのか分かりませんが、見ている方としては「頑張れ!」「負けるな!」って感じで、揉太郎が出場していると編集長の中に親心的なものが芽生えて来ちゃんだと思います。もう、6~7年前になりますが、娘が運動会で徒競走を走っている姿を見ている時と同じ心境ですかね。

 

その揉太郎に対して、スタメン出場が発表された時に恐らく多くの方が心配していて、そして試合終了後にはホッとした方も少なくないはず。結果が求められるプロの世界において、決して「大活躍している」とは言えない揉太郎ですが、ファンから生温かい目で見守ってもらっているのは単に「人柄」や「キャラクター」だと思います。一昨シーズンは夏と冬に移籍の話がありながらも、夏にはロボ、冬にはアバラル君が怪我で離脱した事により残留となり、昨シーズンは夏にレンヌ、冬にカリアリにレンタルで出されるも文句ひとつ言わず。そしてユーべに戻って来た今シーズンもベンチで過ごす時間が多くはなっていますが、出場すれば全力でプレーする姿を見せてくれています。

 

 

「そんな揉太郎が好き」って言うのもあるのですが(まぁ、贔屓です)、今日はナポリ攻撃陣に対してしっかり身体を張って対峙した揉太郎がカリアリ戦のMIP。

どうやら次のローマ戦もスタメン濃厚となっているようなので、モンディションを整えて臨んで頂きたいと思います。えぇ、揉んでコンディションを整えるので「モンディション」です。

 

まぁ、2試合連続で普通にプレーするとは思っていませんが…。

 

 

▶選手の愛称説明→選手名鑑
【愛と笑いをお届けする】月刊ユベントス

関連記事

Posted by 編集長ミツ