ユベントスがヴラホビッチに用意する背番号は…

とりあえず『冬のマーケットでブラホビッチはフィオレンティーナを離れず』が前提となって来た感はありますね。

SKY

ヴラホビッチはユベントスへの移籍を望んでおり、ビアンコネリは『ポールポジションに立っている』と言っても過言ではない。

 

 

そりゃ欲しいけど。喉からポヌッチが出るほど欲しいけど。とは言え、今のユベントスに7000万ユーロも8000万ユーロも出せる体力があるはずもなく、となると残すは「ヴラホビッチに『ユベントスに移籍したい。ただ、お金がないから移籍金を下げてあげてね。それが出来ないなら、もう1シーズン残留してシーズン終了後にトランスファーフリーで出ていっちゃうからね』と言ってもらう作戦」を実行してもらうしかなく、そうする為にも今回SKYが報じた内容については、非常に勇気付けられるものになりました。

そして編集長、決定力はモチのロンなのですが、それと同じくらいヴラホビッチが見せる戦う姿勢に惹かれておりまして、ユベントス戦ではフトシにブットシされて見せ場を作れなかったものの、前線で身体を張ってボールを収める姿にゾッコンLOVE。「来るなら今シーズン終了後」と言う事で少し先の話になりますが、背番号9を用意した上で正座してお越し頂く事をお待ちしたいと存じます。

 

 

ちなみにですが、現在背番号9を背負うスネ夫については「アトレティコに戻る」ではなく「背番号を23に変更して残留する」をイメージしております。月ユベとしても、あんな面白いストライカーを簡単には手放せませんので。

 

 

 

えっ、23?

 

 

あえてね。

 

 

▶選手の愛称説明→選手名鑑
【愛と笑いをお届けする】月刊ユベントス

関連記事

Posted by 編集長ミツ