ボローニャ戦 MIP選出

月ユベの付録では『MVP』ではなくって『MIP(最も印象に残ったプレーヤー)』を選出するようにしているのですが、「何気にMIPの選出って難しいなぁ」って感じています。90分間も試合を見れば、善しも悪しも印象に残るプレーって結構ありますからね。

 

そんな中で、ボローニャ戦で‘’最も‘’印象に残った選手を挙げるなら「チャラ男」でしょうか。

現地各紙の採点ではほとんどが平均となる‘’6.0‘’を与えており、プレーを振り返ってみても確かに「それ以上でもそれ以下でもない」とは思うのですが、でも、今シーズン開幕前にチャラ男がユベントスに残留すると決まった際に、ここまで存在感を示す事を想像していた方ってどれくらいいたでしょうか?

実際に「チームとしては移籍を勧めたものの、選手本人が残留を望んだ」とも伝えられており、ともすればシーズンを通してベンチ、またはU-23で過ごしていたとしてもおかしくなかったプレーヤー。その選手がケンさんを差し置いて連続スタメンを飾っている訳ですから、ヒロシにしても「嬉しい誤算」に違いありません。

 

 

ボローニャ戦では「身体を張ってピンチを防いだ」「決定機を演出した」と言う訳ではありませんが、追ってみるとそのプレーのひとつひとつは堅実であり、そして判断も悪くない。あとは「守備時の対人の強さ」と「攻撃時の仕掛けのバリエーション」が身に付けば、もうひとつ上のレベルの選手になるのではないかと編集長も注目し始めました。(この試合でもボローニャの選手に口撃していましたが、負けん気の強さもいいですな)

まだまだ22歳、ここから経験を積んで行けば、シーズン終盤にはレギュラーとして左サイドに君臨している可能性もあり。となればケンさんはモチのロンの事、怪我から復帰したオジーロや、アシスト王・ユッティが黙っているとも思えず、レギュラー争いも活発になって、ユベントスにとっても底上げに繋がるのではないかと期待します。って優香、もしユッティが闘志前面に出してレギュラー争いとかしてたら引きますし、訴えるかもしれません。まぁ、パーヒャク争いに加わりませんが。いや、加われませんよ。いやいや、加わったらこっちだって困惑しますわ。知らんけど。

 

 

▶選手の愛称説明→選手名鑑
【愛と笑いをお届けする】月刊ユベントス

関連記事

Posted by 編集長ミツ