いや、マルシャルじゃないでしょうに…

冬のマーケットでアタッカー補強に動く準備を進めているユベントスですが、ここに来てマンチェスター・ユナイテッドの‘’マルシャル‘’の名前が挙がってきました。

今回、マルシャルがターゲットとなった理由としては、まずはお金がないのでヴラホビッチはおろか、スカマッカ(推定移籍金4000万ユーロ)さえも獲得が難しいと言われている中、「ローンでの獲得が前提」である事。更に、付いたとしても「(ユベントスに決定権のある)買い取りオプション」と言う諸々の条件面がフィットしている事が挙げられるようです。

 

 

編集長も結構プレミアの試合を見るのでモチのロン、マルシャルがどれだけの実力者なのか、どんなタイプのプレーヤーなのか、そこそこエディ・マーフィーに似てるか、その辺は分かっているつもりです。

 

 

その上でなんですけど

 

 

 

マルシャルじゃないだろう

 

欲しいのは身体の張れるセンターフォワードだろう

 

って優香、マルシャル獲るならミノル使えよ

 

 

 

と声を大にして言いたいです。

 

 

 

分かって頂けると思いますが、決してマルシャルを否定している訳ではありません。今シーズンこそユナイテッドで出場機会を失っているものの、コンディションさえ整えばシーズン20ゴールは堅い選手。ナイスプレーである事は認識しています。

 

 

だけど

 

 

 

マルシャルじゃないだろう

 

欲しいのは身体の張れるセンターフォワードだろう

 

って優香、マルシャルってエディ・マーフィーに似てませんか?

 

 

 

と声を大にして言いたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ローンだからいい

 

トランスファーフリーだからいい

 

そんな事は一切ありません。

 

 

 

ネドベド大副会長とチェルチェルには、『現在のチームに合った選手』をリストアップして頂きたいと願います。

▶選手の愛称説明→選手名鑑
【愛と笑いをお届けする】月刊ユベントス

関連記事

Posted by 編集長ミツ